1年生2学期まとめ

2学期が終わりました~!

1学期のまとめはこちら

さて、2学期のまとめです。
夏休み明けに2・3日行って、その後はずっとお休みでした。

いわゆる「充電期」に入った模様。

頑張って行こうとしていた1学期と比べると、娘の表情も柔らかくなってきて気持ちが安定してきた感じ。

そんな娘の様子を見て、親も「これでいいのかも」と思えるようになってきました。

日常はこんな様子

7:30  起床
8:00  朝ごはん
9:00  チャレンジタッチ(娘と私で一緒にやるとケンカになる)
10:00 テレビ・絵・工作
12:00 昼ごはん
13:00 テレビ・絵・工作・児童館・お友達と遊ぶ 
18:00 夕ごはん 
19:00 お風呂
21:30 おやすみ

印象的だった出来事

◆1人で児童館に行った!!
ある日とつぜん「児童館にいってくる!」と言って1人で出かけて行きました。

これまでは、家の中で私の姿が見えないだけで「ママどこにいるの!?」と探し回っていたのに…

うそーー!!と夫とびっくり。

子どもが元気に出かけていくってこんなに嬉しいんだね。って、喜びを嚙み締めました。

児童館ではプラバンを作って帰ってきます。(鬼滅の刃のイラスト)

◆ひとりで寝た!
「2段ベッドが欲しい」と言うので買ってみたら、1人で寝るようになりました。

なんということでしょう。

新生児の頃から、寝かしつけは超ハード…。抱っこしたまま壁に寄りかかって寝ることもざらだったのに。笑

小学校にあがってからも、
「寝たくない、寝たくない」
「眠れない、眠れない」
というなされて、立って抱っこして寝かしつける日もあったのですが、2段ベッドで寝るようになってから入眠がずいぶんスムーズになりました。

◆休んでいる=楽なわけではない
「なんでわたしは学校に行けないんだろう」という発言がちらほら。

学校をお休みするようになって3ヵ月、4ヵ月・・。時間がたっていくうちに、だんだん学校のことが頭から抜けてくるのかしら?

なんて思っていましたが、そんなことはないようです。

家の外からは、毎日登下校する子どもたちの声が聞こえてくるし、保育園からのお友達はみんな学校に行っているし。そんなお友達と遊ぶ機会もあるし。

私たちが想像している以上に、娘の中では「学校」の存在は大きいようです。

休んでいるからと言って、決して楽なわけではないんだなと気づかされました。

まとめ

●表情が柔らかくなって安定してきた

●基本的には家で過ごす。外に出る事もたまにある

●「学校」のことはかなり意識している

●親は娘の表情を見て「これでいい」と思えるようになってきた

そんな2学期でした。

個別相談セッション

個別相談セッションを受け付けています。詳細は以下のリンクをご覧ください。

個別相談セッション

test

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です