1年生3学期まとめ

今日で1年生が終わり~!

1学期のまとめはこちら

2学期のまとめはこちら

さて、3学期のまとめです。

3学期は、毎日家で過ごしました。

夏休み明けからお休みし始めたので、これで約半年。親子共々、ホームスクーリング生活がたいぶ板についてきたような気がします。笑

これまでは、休んでいることへの後ろめたさや戸惑いが見られましたが、最近はなんだか吹っ切れてきたみたい。

娘の表情や言動から「私は私の道をいく!」という力強さを感じます。

印象的だったできごと

◆HSCの作品展に連日参加
2021年1月に開催した【HSCの作品展】。一週間、恵比寿のギャラリーを借りて子どもたちの作品を展示していたのですが、娘がこの期間中に何日も来場したのです。

電車移動だし、初めての場所だし、知らない人が出入りするし。

HSCの娘にとってはハードかな~なんて思っていたのですが、ふたを開けてみてびっくり。

スタッフのみなさんと一緒に会場の準備をやったり、遊びに来てくれた私の友人とおしゃべりしていたり、販売物のお金のやりとりを手伝ってくれたり。

え、本当にうちの娘?と疑ってしまうほど。笑

やはり疲れはあるようで、帰りの電車ではぐったり寝てしまうのですが、「また明日も行きたい」と言うのです。

どんなところが気に入ったの?と聞いてみると

「静かで自由なのが好き」と。

平日の昼間に学校じゃない場所にいても咎められない。そこに居ることを、周りのみなさんがごく自然に受け止めてくれる。そんな空気が流れていました。

娘にとって、さぞ安心できる空間だったんだろうと思います。

初めての場所や、初めて会う人だったとしても、「大丈夫な場所」「大丈夫な人」って、きっと瞬時に感じ取っているんですね。

あ~人間って、大丈夫な空間、大丈夫な人たちの中にいると、自然と動き出す生き物なんだなと思いました。

◆学校お休みしてずるい
ある朝息子が「おねーちゃん いつも がっこうおやすみして ずるい」と言ったんですね。

娘はどう反応するんだろう?と様子を見ていると「わたしね、学校行きたいんだけど行けないの。だから家で勉強してるの。」と答えていました。

息子は「…そっか…。じゃあぼく行ってくるね~!」と保育園に出かけて行きました。

学校に行っていない理由について、自分の心の状態や、自分の選択について、親以外の人に話しているのを初めて聞きました。

誰かに話が出来るようになってきたということは、自分の中に軸のようなものが出来てきた兆候かもしれないです。

親の心境

で、親の心境はどんな変化があったかというと・・

1年かけて準備してきたHSCの作品展が無事に終わり、抜け殻状態!

ちょっとダウンタイムに入りました。

すると、今まで脳みその大部分を占めていたものが無くなったからか、娘のことが以前より気になるようになってしまいました。

今日も一日中家でごろごろしている。またテレビ見てる。またお菓子食べてる・・などなど流れ込んできます。

いかんいかん、自分に意識を向けないとな~と感じている次第です。

そうそう、ご近所の不登校・行きしぶりの親御さんと繋がりたいと思って、少し動き始めましたよ^^

まとめ

●安心できる場所、安心できる人の中では楽しく過ごせるという自信がついた

●学校に行っていないことについて、自分なりに思考して軸が出来てきた

●親は、子どもばかりでなく自分にも目を向けなきゃね♡

個別相談セッション

個別相談セッションを受け付けています。詳細は以下のリンクをご覧ください。

個別相談セッション

test

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です