2学期初日、波乱の幕開け

昨日の夜「2学期始まるからスタミナつけよ!」と思ってサムギョプサルを食べたら、胃がもたれちゃいました。ふぇん…涙

今朝は、娘が「学校いく」というので一緒に登校。

休み明けなのに順調な滑り出しだと思っていたら、、学校の玄関で涙が溢れてきてしまいました。

担任の先生が来てくれたら更に涙が出てきて、そしたら別の先生も集まってきて、もう娘はパニック、大泣き、大騒ぎ。

分かりますでしょうか!?

たくさんの大人に取り囲まれたときの、あのパニック状態。体はガチガチに硬直。私にしがみついて、いや!いや!と叫びまくる。

先生方に事情をお伝えしたような?していないような?状態のまま、、

「すみません今日は一旦帰ります」と言って
頭をペコペコさげて(なんでだ)
泣きじゃくる娘の手をひいて
娘は靴下のまま!!

帰宅しました…。

タカノ調べ(めちゃくちゃ主観)によると、子どもの登校しぶり対応にかかるエネルギーは、その日1日の活力を根こそぎ持っていくほどの強烈なものです。

子どもの涙ってしんどい。

娘も、わたしも、おつかれさま。

午後は2人で甘いものを食べにいきました💕

落ち着いた様子だったので朝のことを聞いてみると、こう話してくれました。

「みーちゃんの足が止まったのに、ママが宿題だけ渡しに行こうって言ったのが嫌だった。」

「足が止まるってことは怖いサインだから、足が止まったらその日は帰りたい。」

怖かったという感情
怖い時には足がとまるというサイン
そんな時は帰りたいという気持ち

認識している。
言語化している。
母に伝えている。

いいじゃないの!!花まるだよ、娘~。

2学期、良い形でスタートきりたいと私が張り切っていたかもしれない。
力を抜いて抜いて。

今日はムリさせてしまってごめんね。
ママに話してくれてありがとう。

私も1人の人間。どれだけ勉強しても、メンテナンスしても、不安定になることもあるし、見えていない事もある。

最後は自分たちの感覚を信じて自分たちで決めていくのだけれど、やっぱり第三者の伴走が必要だよなと感じています。

個別相談セッション

個別相談セッションを受け付けています。詳細は以下のリンクをご覧ください。

個別相談セッション

test

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です