【教えてけーいち校長!】HSC年長さんの親向け入学前にオススメな学校とのコミュニケーションって?

「来年はもう小学生になるのね。」

年長さんがいらっしゃるご家庭では、こんな風に声をかけられることが増えてきて、世の中の「もうすぐ1年生モード」を感じていらっしゃるのではないでしょうか。

HSCの親御さんは、

「保育園・幼稚園では寄り添って対応してもらったけれど、小学校にあがったらどうなるのか不安‥」

「小学校との連携が大事っていうけど、具体的にいつ何をすればいいの?」

と疑問をお持ちではないですか。

そこで、元小学校校長の父にインタビューをしてみました。

けーいち校長
みなさん初めまして。けーいち校長です。
けーいち校長ってどんな人?

自称「日本一幸せな校長」
「教育で世の中を変えたい」と教師の道を志し、37年間、小・中学校で子ども達と関わってきました。目じりの笑いジワがチャームポイント。

インタビュー内容はこちら。

【Q1】新入生受け入れにまでに、学校はいつどんな準備をしているの?

ayumi
新入生受け入れにまでに、学校はいつどんな準備をしているの?

学校とコミュニケーションをとる時に頭に入れておくといいかなと思って。

けーいち校長
夏ごろ~3月にかけて、こんな準備をしているよ。
学校のスケジュール

夏ごろ :支援級の希望や相談を受ける

10~11月:就学前検診を行う
 
2~3月 :園と情報交換しながらクラス編成を考える
 
3月後半:職員の異動の辞令が出て担任を決める

※スケジュールは地域や学校によって異なります。

ayumi
なるほど~ありがとう!

【Q2】HSCの親が小学校入学前にしておくと安心なことって?

ayumi
じゃあ、親はいつどんなことをしておけば安心かな?
けーいち校長
入学までにできれば2回、学校とコンタクトを取るのがポイントだよ。
◆1回目:10月~1月ごろ
学校でクラス編成を考える前のタイミング。子どもの特性や対応について相談するため。

◆2回目:3月後半~入学式前
担任が決まったタイミング。入学前に一度担任と顔を合わせておくため。

ayumi
ふむふむ、2回ね。
でも、学校に連絡するってなんだか緊張するな。。親が急に連絡しても話を聞いてもらえるの?
けーいち校長
あはは、そうだよね。でも安心して。学校も新入生については分からないことだらけ。

入学前に親から情報をもらえると、とても助かるんだよ

【学校への連絡】
学校の電話番号を調べて、電話をしてみよう!こんな感じ。

「来年度入学予定の〇〇の父or母です。子どもの気質についてご相談したいことがあるのですが、30分ほど面談のお時間を頂けるでしょうか?」

ayumi
そっかあ。学校側も、新入生の情報を知れると助かるんだね!そう思うとちょっと安心だな。

【Q3】1回目の面談では誰に何を話せばいい?

ayumi
まず、1回目の面談について教えて。10月~1月ごろっていうことだけど、就学前検診で学校に行った時に話をすればいいのかな?
けーいち校長
就学前検診で相談できる時間もあるけれど、5分くらいしか話せない場合もあるんだ。出来れば30分は相談の時間が欲しいことを事前に伝えておこう。時間を取ってくれるはずだよ。
ayumi
事前に伝えておいた方がいいんだね。OK。面談では、誰に何を話せばいいのかな?
けーいち校長
【話す相手】
できるだけ多くの先生に伝えられるのが理想だけど、基本的には学校に任せてOK。

校長、副校長、新入学の担当教師、養護教諭、特別支援教育担当(特別支援コーディネーター)、スクールカウンセラーなどの先生が対応してくれるよ。

けーいち校長
できれば、校長先生に会って一言挨拶しておけると良いよ

これは実体験から言えるんだけど、「あの時、学校に来てくれた親御さん」という風に校長の頭にインプットされるんだ。その後の関係性や対応も、きっと違ってくるよ!

ayumi
へー!それはぜひ実践したいなあ。
けーいち校長
それから話す内容は、「うちの子のトリセツ」をイメージしてみるといいよ。具体的な項目としてはこのような感じ。
【話す内容】
・気質、性格、こだわり
・好きなこと、得意なこと
・家庭での困りごと
・園での困りごと
・効果的だった対応、しないほうが良い対応
・学校に伝えたいこと
・相性の良い子

など。

ayumi
そういえば、うちの自治体ではこんなシートをもらったよ。保護者と園で相談しながら記入して、学校に渡すんだって。
けーいち校長
老眼で見えないよ。笑

※このあと、メガネをかけてちゃんと見てもらいました。学校の立場から見てもとても丁寧で分かりやすい構成になっている!とのこと。みなさんもぜひ画像を拡大して、参考にしてみてくださいね。

【Q4】担任の先生に挨拶するときのポイントって?

ayumi
次に2回目の、担任の先生に挨拶するときについて教えて。

担任の先生が決まるのは3月の後半なんだよね。親も忙しい時期だと思うけど、やっぱり顔を合わせておくと良いのかな。

けーいち校長
そうそう、親も不安だと思うけど、担任の先生も少なからず不安な気持ちを持っているからね。少しの時間でもいいから顔を合わせておくと、お互いに安心感が全然違うよ。

本人の気持ちが向くようなら、子どもも一緒に行くといいよ。先生の顔を見たり、入学式の会場を見せてもらったりすると安心につながるんじゃないかな。

ayumi
話す内容は1回目と同じでいいのかな?
けーいち校長
うん。学校内でも共有されているはずだから、改めてさっと確認する程度で大丈夫だと思うよ。

それから、
「一緒に育てていきましょう。」
「一緒に子どもを応援していきましょう。」 

そういう気持ちをぜひ親と担任とで共有してほしいな。

ayumi
「一緒に」なんだね。
けーいち校長
そう、「一緒に」がポイント。
親=要求する人、担任=要求に応える人。というのはあまり理想的な関係じゃないからね。

「一緒にやっていきましょう」っていう気持ちをぜひ言葉で伝えてね。

ayumi
なるほどなぁ。
「学校に色々要求して、モンスターペアレントって思われたらどうしよう‥」って心配してたけど、そうじゃないんだね。

親がやれることは、「一緒にやっていきましょう」っていうメッセージを学校に伝えに行くことなんだ。

ayumi
では最後に一言!
けーいち校長
子どもって、父親と母親の仲がいいとすごく安心するし、うれしいんだよね。

それと同じように、学校の先生と親が仲がいいとすごく安心するし、うれしいんだよ。

子どもの前では、教師と親が仲良くしていることが大事なんだ。だから、もし意見が合わなかったら子供がいないところで話し合ってほしいな。

親も教師も仲良くして幸せになることが子どもに対しての義務だと思うんだよ。ぜひ、良い人間関係のモデルとして子どもに見せてほしいな。

(ずいぶんむずかしいお願いになってしまったかな。あまり無理のない程度にね。)

ayumi
わ~難しいお願いだ。笑

「学校と家庭」ってなるとなんだか構えてしまうけれど、1人の人間同士、信頼関係をしっかり作っていくことが子どもにとって大切なんだね。ありがとう!また相談させてね。

まとめ

HSCの親が入学前に出来る学校とのコミュニケーションについて、イメージしていただけたでしょうか。

入学までに2回、学校とコンタクトをとっておくのがオススメ!ということでした。

◆1回目:10月~1月ごろ
学校でクラス編成を考える前のタイミング。子どもの特性や対応について相談するため。

◆2回目:3月後半~入学式前
担任が決まったタイミング。入学前に一度担任と顔を合わせておくため。

私は、入学前にこんな風に相談出来るなんて思っていなかったので、ちょっと驚きました。学校でも情報をもらえると嬉しいんですね。

我が家の娘も、来春に小学校入学の歳になりました。すんなり学校に通っちゃうかもしれないし、拒否反応が出るかもしれない。どうなるかは分かりません。

でも、娘が安心できる環境をつくるために、出来ることはやっていきたいなと思います。

親も色々な壁にぶつかりながら、一緒に成長していければいいんですよね。

ゆっくりで、大丈夫。

ayumi
みなさんも、けーいち校長に聞いてみたいことがあれば、ぜひコメントくださいね。お待ちしています~♪

けーいち校長の他の記事はこちら↓
【教えてけーいち校長!】HSCの才能の見つけ方・伸ばし方

個別相談セッション

個別相談セッションを受け付けています。詳細は以下のリンクをご覧ください。

個別相談セッション

test

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です